09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

Twitter...@Angelique_owner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査目白押しDays

先日胃カメラの検査受けてきました。
胃の調子が悪いとかではなく、胃がん健診として。
内分泌内科主治医から「あなたはバリウム飲むと大変だからレントゲン検査はやめといた方がいい。胃カメラ検査を受けなさい」と言われてて、毎年一回自主的に。
その結果…20こ近くのポリープを確認。
まぁ、最初に検査したときも15こ以上見つかって、悪癖とは思えないし取りきれないからとそのまま放置してたわけです。
3ヶ月毎に胃と食道の受診もしてるし。
何故か耳鼻科で甲状腺外科と一緒に診てもらってますが…。

その見つかったポリープ、前回とは異なり赤みを帯びているため6ヶ月後の再検査決定
さらには、そのポリープの多さから、家族性大腸腺腫症の疑い。

初めて聞いた病名ですけど、何ですか、それ? と聞いてみたところ、
大腸内に数百から数千個の前がん病変であるポリープが生じて大腸がんが発生する遺伝性の腫瘍症候群。
なんと…大腸がんになるって……。
それも、40代で半数の人が、60代で7割の人が、そして十中八九みんな大腸がんになるとか。
えー、私そんな病気なんですかっ!?
いや、まだ疑いだからわかりませんが…でも疑いが強いとか…。
家族性大腸腺腫症に罹ってる人の中でも少数の人に、胃底面に多数のポリープが見られるのだとか。
逆に、胃に多数のポリープがあって、家族性大腸腺腫症ではない人は少ないとか。
とか、とか、とか、とか…


自覚症状はないので緊急性はないけれども、大腸の内視鏡検査を受けるよう勧められました。
受けるかどうかは、強制ではないから自己決断ですが、数ヶ月内に受けることにします。
(大学病院の)主治医自身が検査を受ける際に使ってるというオススメの病院も内緒で紹介してもらってるし、その紹介先の病院で主治医お墨付きの内視鏡検査と診察が上手な大学病院の先生が診てくれるよう手配してくれるって。
で、病気が見つかったら大学病院へ転院して診てもらうという流れで。

あ、大学病院が良くないわけでは全然なくて、大学病院では内視鏡検査をしてくれる医師を指名できないのと、検査時の麻酔とか安定剤が最低限しか使ってもらえないので、インターンに当たってしまうと私がしんどいだろうから、お手洗い付きの個室でゆっくり休ませてもらえる病院で検査を受けた方が楽だろうからと、検査続きの私に配慮してくださったわけデス。
実際、「今回の検査はしんどかったでしょう?」と主治医の方から切り出してきたわけで。
今回の胃カメラ検査の時は新人さんらしくて、前回よりも麻酔も安定剤も全然効いてなくて、すごくしんどい思いをしたのを主治医が気づいてくれてたようです。

既に体制だけは万全。嬉しいような、嬉しくないような…。(苦笑)
まだ検査受けてもないのに!
大腸粘膜、ポリープ一つなくツルッツルだったらいいなぁ。(切実)

甲状腺外科と乳腺外科でも腫瘍が。
甲状腺にもとりきれないくらい腫瘍がいっぱいあるって言われてて、3ヶ月毎の診察と6ヶ月毎の検査。
乳腺外科でも半年毎の検査。
腫瘍って言葉自体、私には全く縁のない言葉だと…数年前までは思ってたのだけど。
検査する度にどこかに腫瘍らしきものが見つかってるような気がしてくる…ふぅ。
気がするだけでなく、本当に見つかってるんだけども。
腫瘍があるのはまだいいけど、がんには罹りたくないなぁ…。

最近ストレスたまりまくり。
あまり思いつめてても良くないので、気分転換も兼ねて、足裏の角質のお手入れに行ってきました。
あ、エステではありません。皮膚科ですw
ちょっとスッキリ♪
でもその皮膚科でも一波乱。
左手親指の爪に4~5mmのあずき色の縦線が入ってるのだけど、少しずつ広がって太くなってる。
皮膚がんの症状でもあるらしく、大丈夫だろうけど一度検査を受けてみることに。
来週紹介してもらった病院へ検査を受けに行く予定です。

イベントの出店まで、あと3週間ちょっと。
落ち込んでる場合じゃない。
何作るか決めたり、準備もしなきゃ。(;´Д`)

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

大失敗!

今サイクルからのホルモン治療は注射と飲み薬。
リセット後の次のサイクルからはパッチ薬と飲み薬。
飲み薬もパッチ薬も毎日じゃないから、こんがらがってしまう。

で、やらかしました…。

6月6日にお尻に2本、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの注射をしてもらって、今週末に生理が来てリセット。
その5日後からパッチ薬を2日おきに貼り替え、その16日後から薬を毎日服用。
だったのに…

注射して帰った夜に既にパッチ薬を貼ってしまい、その二日後にもパッチ薬を貼ってしまい…Σ(゚д゚lll)
さっきようやく間違いに気づいたところ。

ショックーーーーーーーーーーーーー。゚(゚ノД`゚)゚。

いろいろ悩まされて疲れてたからなぁ…。
と嘆いてみても始まらず。
明日の朝にでも病院に電話して対処法を聞いてみよう。
あぁ、情けない。(*μ_μ)σ|

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

感染性胃腸炎

なかなか思うようにこちらの記事の更新が出来ていません…(>_<)
連日の通院が一段落したと思った次の夜には救急センターのお世話になっていたという顛末もあり、ほとほと困ったものです。

朝からいつもにも増して食欲がわかず、むりやりトーストと目玉焼きをコーヒーで流し込んでみたのだけど、胃もたれがひどくて吐き気までしてくる始末。
我慢していたのだけど、お昼ご飯を食べなければインスリン注射も打てず、薬も飲めないので、再び無理やり食事。
でもますます体調が悪くなるばかり。
起床時に37.2℃だった体温も上昇するばかり。
15時には嘔吐が始まり、熱も気づいたら、あっという間に38℃を超えていました。
そのうちお腹も痛くなり、フラフラ。

支えがないと歩けない状態になってしまったので、夕方から一番近くの大きな総合病院で診てもらおうと電話してみるものの、宿直医師に内科医がいないとか…。
かといって、個人クリニックに行って適当に診てもらうわけにもいかず。
こんな状態になれば、ひどい脱水状態になって大抵入院する羽目になるのでね。
2年前はそれで2回も救急車で運ばれて3回も入院したんだった。

で、内科医のいる19時以降に開く夜間救急センターを紹介してもらって、受診。
やっぱり、感染性胃腸炎でした。
さっそく点滴。これが一番効きます…。
電解質に抗生剤と嘔吐止めのミックスで。
最低1パックでも500mlはあるので、1時間以上掛かるわけで、でもひどい時には2本連続っていうこともあるし2時間以上か…と思っていたら、看護師さんが一言。
「あ、痛くないですか?漏れてました。」
もうね、しんどすぎて痛いのさえ気づきませんでした…。
2回針を刺し直して、ようやく点滴開始。
あっという間に終わった?寝てたのかな?とも思ったけど、そうでなく。
30分で1パック落としてたという…早いっ!!
間違って早く落とされたのか、分かってて早く落とされたのかは不明。(+o+)

数日経ち、吐き気も収まり、ようやく復活しなくてもいい食欲も復活。
普通に食事するのだけれど、何故か低血糖気味。
まだお腹がチクチク痛むので、そのせいもあるのかなぁ?
ということで、今週いっぱいはまだ大人しくしていた方がよさそうです。
14日(土)は蒜山焼きそばと津山ホルモンうどんのB級グルメドライブツアーに連れて行ってもらう予定だったのに、それどころじゃなかった…残念。

theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

連日の通院Days ようやく一段落。

週の半分は通院という怒涛の通院Days、ようやく一段落!!
ま、週一の歯科通院は残ってますが。

1年前に乳がん検診で見つかったいくつかのしこり、半年ごとの超音波検査とマンモグラフィ検査も3月に駆け込みで受けてきました。
マンモグラフィの画像も、超音波の画像も見せてもらったのだけど、私には全く違いが判らず
しこりがほんの少しだけ小さく見える?って感じらしく、小さくなるのは悪性腫瘍ではない証拠らしく、良い兆候♪
とは言え、3年間は6ヶ月ごとの精密検査が必要なのは変わりなし。
受けるのはいいんだけど、マンモグラフィ、痛いのよね…(T_T)
放射線技師の若い男性が私のおっぱいをのばして引っ張りまくる(笑)
日常では考えられないようなその状況に笑いそうになるのだけど、痛くてそれどころじゃない。
「はい、息を止めてくださーい」と指示されますが、痛くて息もできないのよっ。
それがまだ3年続くわけですが、乳癌になりたくないので頑張りましょう。

昨日は内科と眼科。眼科は先生が緊急手術だったので、他の若い女性医師の受診。
久しぶりに眼圧も落ち着いて、花粉症の炎症も引いて、網膜も落ち着いてるとか♫
次の予約を決める際、希望日時を伝えると、
「来月ですか?!毎月受診してるんですか?」と…。
毎月受診しなくていいんですか???
ま、初めて診てくれた先生の言うことより、難しい手術も執刀して3年間診てくれてる主治医の言うことを信用して受診することにします。

内科は…1kg増量。Σ(゚д゚lll)ガーン
ま、女性ホルモンサイクルからすると、あと1~2kgの増加はあると思うけど、その後はすとんと戻るので無問題だと…思う。思いたい!
それでも血糖値も腎臓の値もほんの少しでも下がったので、おとがめなし。
だけど、朝の血糖値が高いからと夜の注射のインスリン量が増加…。
「もっと増やしてもいいとわかったので、血糖値が高い時にはどんどん打ってもいいですよ。」って。
いや、どんどん打ちたくはないんですが…。

アメーバで糖尿病のグルっぽに入ってみたのだけど、みんなインスリン量が4単位程度で、安定したらインスリン注射もしなくて良くなった!とか、そんな書き込みがほとんどで。
一方私は「どんどん打って」とか言われて、朝12単位、昼14単位、夜30~40単位って…
次元が違いすぎて、途方に暮れたw
というか、身の程を知ったというか。
「最高の医師に診てもらって、最前線の医療を受けて、最新の薬を使って、それでも今の状態なんだということを自覚して。」的なことを内科で言われたことがあったのだけど、
うん、そうなのね。と思い知りましたわ。

今日は婦人科の受診。
ここ数回は急に分娩が入ったりとかで、3~4時間待ちだったのだけど、今日はすんなりと30分程度で受診。
いつもの通り下腹部を超音波検査。
「うーん、たまごが大きくなってないですね~。」と。
残念。排卵誘発剤、全然効かないみたい。自然排卵しかしないのかねぇ。
ホルモン剤を服用したら、極度の食欲亢進作用が出てくるので、発狂しそうなほどお腹空くのに、血糖値が高くなるから食べずに我慢してるっていうのに…。

仕方なく、今日サイクルをリセットするためにホルモン注射打ってきました。
プロゲデポー 125mg1管と、ペラニンデポー10mg1管。
前回肩にして、痛くて肩が上がらなくなったので、今回はいつもどおりお尻に。
筋肉注射、2本打ってきましたよ。
女性ホルモン溢れんばかり。フェロモン漂ってるかもよん

あー疲れたぁ。
今晩はぐっすり眠れるといいのだけれど。
さて、これからバゲットと食パン作ります♫

theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

定期受診(甲状腺外科)

今日は甲状腺外科での半年に一度の超音波検査の日でした。
前回の超音波検査時には次のように言われていました。
「しこりが大きくなってるから、三ヶ月後に主治医に受診した際に触診してもらって、異変を感じるようだったら至急扱いで超音波検査と必要なら穿刺(せんし)検査を受けてください」

で、3ヶ月後の年末。
「触診では特段異変を感じることがないので、また3ヶ月後にいつも通りの6ヶ月ごとの超音波検査をしましょう。」ということに。
そして今日がその検査日でした。
「しこりは1mm程度の差は認められるものの、それより大きくなっていないので安心しましょう。」とのこと。
よかったー♪ヽ(*>∀<)ノ.・。*゜。

私が受診しているのは耳鼻咽喉科・頭頚部外科・甲状腺外科。
感覚器・頭頚部診療科の中に眼科の他に、頭頸部外科と耳鼻咽喉科の二つが同じ医局。
先生たちも頭頸部外科と耳鼻咽喉科の両方を診察されています。

私は嘔吐や喉の違和感から「咽頭がんか食道がん」を疑われて受診したからなのか、消化器内科ではなく何故かここの耳鼻咽喉科で逆流性食道炎と喉の違和感を3ヶ月ごとに定期受診中。
それと同時に6ヶ月ごとの甲状腺外科で甲状腺腫瘍の定期受診。
いつも同じ甲状腺外科のT医師に受診しているのだけれど、今回はT医師が手術で診察がかなり遅れていたからか、U医師に初めて診てもらいました。
で、次回の受診日は月曜日…その曜日はいつも診ていただいてるT医師はよその病院へ赴任で不在の曜日。

私の主治医が変わったんだろうか???
初めは1年間、副病院長のH医師が担当だったけど、そのうち頭頚部外科の医師が担当になり、T医師に。
2年前に救急車で運ばれた際に診てもらってたのが、偶然T医師でした
主治医になって1年経ち、ようやく物怖じせずに話せるようになったと思ったのにな。
異動があるのかなぁ?
今日診ていただいたU医師は、甲状腺腫瘍が専門の先生。
やっぱり腫瘍の先生に診ていただくことになるのかな?
U医師、T医師同様に、ちゃんと目を見て丁寧に説明してくださるし、優しそうな先生なので良かったです。
どちらの先生でも安心して受診できます。

さぁ、次は乳がん検診。
6ヶ月定期のマンモグラフィと超音波検査。
予約入れなきゃと思いながら、すっかり忘れてた…/(-_-)ヽ
明日の朝、忘れずに電話しよう!と思ったら、明日は土曜日だった…。
ii|||_/ ̄|○|||ii

前回の超音波検診でしこりが顕著に大きくなっているので、次回は左右共に穿刺(せんし)検査(細胞を採取しての組織診)が必要かもと言われてたのでした。
機関銃みたいな機械で直径数ミリの針というか管を刺して、細胞を取る検査。
激痛なので、麻酔の注射をするのだけど、その注射も乳房全体に麻酔薬を効かせるために刺した後にぐりぐりといろんな方向に向きを変えられるので、かなり痛い…。
その麻酔をしていても、穿刺検査はやっぱり痛い上に翌日も痛いし。
2週間はおっぱいがアザだらけで腐ったような色になるし…(┯_┯)
痛いのは嫌いだーーーーーー!!
でもガンになってたら嫌だし、背に腹を変えられぬ。
覚悟しとこう。

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

Number of visitors

最新記事

カテゴリ

プロフィール

angelique*

Author:angelique*
好き:美味しいもの
    のんびりすること
    きれいなもの
    「だいすき」
    「ありがとう」

はじめましての方も、
そうでない方も、
どうぞお気軽にコメントください♪

視覚障害者ですが、出来ることを楽しんでやっていこうと思っています。
クッキングスクールには通ったことがありません。
全て食いしん坊のなせる業!
どれだけ食いしん坊なのかって話ですが。
よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Calendar 1.1

*** Calendar ***
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Angelique*@ameba RSS

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク

人気記事ランキング

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。