04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

Twitter...@Angelique_owner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い出の一曲




じんちゃんのエッセイのページに崎谷健次郎「もう一度夜を止めて」へのリンクを発見。
この曲は私にとってとても思い出深い曲の一つです。

あれは20年前・・・(゜ー゜*)。・:*:・
当時大学生だった私は年上のある男性に片思いをしていました。
3年間も・・・長いですね(苦笑
女子大で家と大学の往復だけで、しかもその往復もほぼタクシーという、出会いも何もない生活だったので・・・と言い訳はしません。
私、一度好きになると一途なんです。(爆

大学時代、私は学友会(学生自治体)に籍を置いていました。そして地元大学10大学程度が集まって連絡協議会なるものを結成してそれぞれの企画運営の支援や協力をしあっていました。
その活動の中で、夏の恒例行事、一年に一度各大学10名程度集まって、大きなキャンプがあり、そこで知り合いました。
最初はお互いにまだ幹部でもなく下っ端同士で、彼は21歳、私は19歳でした。
県内ではあれど、大学も住むところも離れていたので、普段から見かける人ではなく、各大学での行事や毎月定例の連絡協議会での会議でしか見かけることがなく・・・
そして私も自分から声をかけるなどできない乙女でしたので(そこ、笑わない!)、単なる顔見知り程度。
会えばあちらから声をかけてくれる。
ソレがとても嬉しくて、それだけでドキドキするくらい!(爆

出会って1年経ち、普通にお話できる程度どころか、仲良くお話できる程度にまでなりました。
その頃にはお互いそれぞれの大学で幹部になり、他大学の学生にも名前と顔が知れ渡るように。
大学のPRをするためにTVやFM、AMの番組にスポットで出してもらったりしていたので、余計に知名度も上がるってものです。街中を歩いていても、知らない人から声をかけられて、「○○大学の○○さんですよね?はじめまして」などと出かける度に声をかけられてしまうくらいでしたから。
そんな状態なので、やっかみ半分でいろいろな噂も流されます。
あることならまだしも、ないことばかり・・・(汗

そろそろもう少し踏み入って仲良く出来そうかな~。なんて思ってた矢先・・・
"その彼と私が手を繋いで歩いているのを見た!"なんてまことしやかな噂が勃発。
手を繋いだことは一度だけ。しかも、初対面の時。
肝試しで、くじで当たった相手と手を繋いで歩くのが決まりでしたから。(爆
それ以降、二人で手を繋いで歩くなんてこと、出来るはずもありません。
二人でデートだってしたことなかったのに。
おかげで、先輩から大目玉。
せっかく仲良く話せるようになっていたのに、隣に立って立ち話することすら許されなくなってしまいました。

彼は大学を卒業し実家のある他県に戻り、それから2年間私の片思いは続きました。
諦めて新しい恋を見つけようと思ってはいたのですが、そういう気持ちになれずに。
年に一度、大学祭の時にお互いの大学へ招待されて遊びに行きました。
そこで再会してしまうと、諦めようって努力は水の泡。懲りもせず再びドキドキしてしまうのです。(爆

私が大学を卒業するとき、もういつまでも学生気分ではいられないと思いました。
彼はどうやら実家に戻って家族と暮らしているらしい。という情報をキャッチ。
その頃はまだ携帯電話も普及していなかった頃なので、家に電話をかけるしかありません。
家から電話をするとなると、家族の目の前で彼に電話をかけることになります。
そんなことはできない。
・・・外に出て、公衆電話から彼の実家へ電話をかけました。(恥
番号をプッシュしては繋がる前に切り・・・何度も何度も・・・意気地なしですね~。
何日もかかってようやく、繋がるまで頑張りました!(笑

もしもし。大学時代にお世話になった○○と申します。○○さんはいらっしゃいますでしょうか?
その一言を言うまでに、何日かかったことでしょうか・・・orz
電話が繋がって、出てくださったのはお母様。
たった一言、自分の名前を名乗り、彼に取りついでもらいたいとご挨拶しただけなのに、えらく喜んでいただきました(爆
そのお母様と何分かお話しましたが、彼は会社の独身寮へ入っているらしく、寮の住所と電話番号を教えてくださいました。

そこからまた私の緊張の度合いは高まり、再び電話しては繋がる前に切り・・・の繰り返し(爆
やっとの思いで繋がったものの、電話は部屋へ直通ではなく、食道に繋がるらしく・・・
毎回電話に出るのが誰かわからない。寮母のおばちゃんだったり、同僚の男性だったり。
ようやく彼とお話しすることが出来たのだけど、お互いの近況報告などであっという間に一時間経ってしまい、その日はそれで終了。
それからも、寮に電話してきていいよって言ってもらえたので、たまに電話しておしゃべり。
すごーく楽しかった~♪

で、大学生最後のバレンタインデー。
思い切ってデートに誘ってみました!!
自分からデートに誘うなんて、人生初です!
彼の地元へ遊びに行くことに。

新幹線で向かったのですが、一人で新幹線に乗るのも初めて(爆
・・・バスに始めて一人で乗ったのも高校生になってからですから・・・。
駅に着き、改札を出たところで待ってるからって言ってもらってたのに、私はその彼の目の前を素通り。
後ろから追いかけてきて捕まえてくれました。(爆
何故だろう?全く彼に気付きませんでした・・・(恥

そこからのデートコースはお任せ。
海岸をドライブし、瀬戸大橋を眺め、遊園地へ。
思いっきり遊園地で遊んで、そこを出る時に園内でBGMに流れてきたのがこの曲。
崎谷健次郎の『もう一度夜をとめて』でした。
辺りは暗くなり始め、刻々とお別れの時間が過ぎていく・・・
告白するために会ってもらったのに、何も言えてない。
で、この曲を聴きながら、告白したのです。

それからちょくちょく電話でお話したりしてたのだけど、彼の仕事もめちゃくちゃハードで多忙を極め、就職したばかりの私の仕事もそれ以上に忙しいもので、毎日深夜近くまでの残業に休日出勤続き。
なかなか会う時間が取れず、そのままthe end・・・。

結末はハッピーエンドとはならなかったけれど、とっても素敵な思い出です。




scoop on somebodyがカバーしてるのもなかなかいいですよ♪



あ。この遊園地のジェットコースターで酔ってしまい、帰り道で吐きそうになり、ゲームセンターかカラオケやさんだと思って「ここに入ってください」と言った所がラブホだった・・・というオチ付きです(爆
その彼は、告白されたばかりで驚いていた上に、かなり驚いたことでしょうね。'`,、('∀`) '`,、
スポンサーサイト

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

いい想い出だネ

Cafeのお仲間さんの青春時代の恋バナを聞く度、とっても羨ましくなるじんちゃんです。
だって私は、そんな機会が、ほとんどなかったもの~~~~(笑)。

大学祭実行委員もやってたし、他大学と交流できるような文化部にも所属していたのに、
なんでやろ????

就職してから先輩社員に、「君とこの大学とコンパしたかったのに、相手にしてもらえへんかった」
と言われ、釈然としない思いを抱いたものです。

私らの所に、そんな声は届いてなかったよ~!(笑)

電話をかけるって、度胸がいるわネ。
社会人になって、寮生活をしていたことがあるので、彼の状況もわかります。
おばちゃん、聞き耳たててるねんで。 うちは、そやったもん(爆)。

崎谷健次郎。
今でも聴き続けているアーチストです♪
佳孝さんと同じく、その音楽性は全く色褪せない。
これからの季節、こちらの曲もいいですヨ。
http://www.youtube.com/watch?v=9Lr_EWb_lUI

カバー曲。
取り上げてもらえるのは、嬉しいよね。 きっと・・・
それで新たに、聴き手が広がるかもしれないし。

最後のオチは、ずとさんのページで語っていたエピソードなのね(笑)。

Re: いい想い出だネ

> だって私は、そんな機会が、ほとんどなかったもの~~~~(笑)。
> なんでやろ????
> 私らの所に、そんな声は届いてなかったよ~!(笑)

いやいや、それは言い訳です(笑
恋愛に限らず、きっかけなんてね、待ってるだけじゃダメなんです。
常にアンテナ伸ばしてないと、引っかかってくる情報さえ逃してしまうもの。
実は機会は沢山あったのに、そこに目が向いてなかっただけな様な気がします。(*^ー^*)

> おばちゃん、聞き耳たててるねんで。 うちは、そやったもん(爆)。
聞き耳立てられてたんかな?(笑
同僚の人が会話の途中に登場してきたこともあったけど(≧m≦)
寮母のおばちゃんとは仲良くなって、急な出張の時なんかもね、出張先の連絡先まで教えてくれてたのよ♪
お母様だけでなく、おばちゃんも応援してくれてたんかな?

> これからの季節、こちらの曲もいいですヨ
あ!クリスマスだ!!!ヽ(*>∀<)ノ.・。*゜。
アップテンポなクリスマスソングもいいですね~♪
こういう曲を聴くと、いつもよりちょっとオシャレしてお出かけしたくなる(笑
特に今は普段着とデートの時の差が全くないというか、全く同じだから・・・。
彼がおしゃれな人だと私も負けないようにオシャレを楽しめるのだけど、彼がおしゃれな人ではないので、それに合わせてると普段着しか着られなくなってしまうんです・・・(涙

> カバー曲。
古い歌でも新しいアーティストが新しいアレンジでカバー。
聴き手の層も広がるし、元々知ってる人はまた新しく魅力を発見できる。
ステキですよね~♪
この曲はまだ元ネタが崎谷健次郎ってすぐにわかる♪
洋楽に関しては、カバーが多すぎて・・・一体誰が最初に歌ったん?!と悩むような曲が沢山ありますよね(笑

> 最後のオチは、ずとさんのページで語っていたエピソードなのね(笑)。
まさしくソレです!
液で彼の前を素通りした挙句、追いかけて捕まえてもらったり・・・
ホントとんでもないことやらかしてますわ(爆

私、ダメなのよ…

鈍感なんです。
自意識過剰による勘違いを経験しているから、臆病にもなってます。
何故だか、押しの強い女と、よく誤解を受けるのですが、大胆な行動に出ているかと思うと、ブレーキをかけてしまったり…
イメージとは、違うかもしれませんネ。
機会はね…学生時代は、やっぱりなかったよ。
片道2時間かけて、大学と自宅を往復する日々。勉強に部活。
中学・高校より、真面目にやってたもの。
で、他大学との接触は、先輩がブロックしていた気がします。
そうして、いざ私たちの代になると、誰も気が回らない…(笑)。
ホンマ、薄ぼんやりしたメンバーやったわ!
就職してからは、それなりの機会があったのに、ものにできなかった。
東京で、3年近く一人暮らししていたのに、彼氏できなかったのよ。
一体、何をやっていたのだろうと思う。
宴会の女王だったのに…。

Re: 私、ダメなのよ…

> 自意識過剰による勘違いを経験しているから
おそらく・・・それはじんちゃんだけじゃなくて、誰もがやらかしてる!(笑
あれ。あの人、もしかして私のこと好き?って。(≧m≦)
私なんかこんな言い大人になってまでやらかしてるけど。それはそれでいいんじゃないかなぁ?
勘違いと判明した時には、それはもういたたまれない気持ちになって、どこかへ消えてしまいたいと落ち込むけれど、時間が経ってみれば笑い話にもなるもの。
それで臆病になること自体が自意識過剰になってるのかも。なんて思ったりしました。
周りの人は、それほど自分のことを注目してないのよね(爆
私もずっとね、自意識過剰もいいとこで、かなりイタイ人間だったかも。

> 何故だか、押しの強い女と、よく誤解を受けるのですが、大胆な行動に出ているかと思うと、ブレーキをかけてしまったり…
> イメージとは、違うかもしれませんネ。

私はじんちゃんが押しの強い女だとは全く思ったことがないのだけど?
大抵ネットで意思表示が出来る人っていうのは、リアルではとても周りのことを気にしてしまって大人しめの人だったりするし。
限られた人にしか本音を漏らさない。というか、限られた人にさえ気を遣ってなかなか本音をぶつけることが出来ない感じ。
じんちゃんは私から見たらそんなイメージです。
違ってたらごめんなさい。

私は押しの強い女だという印象がありますか?
大胆な行動に出る時・・・それは、私の場合・・・本人が無意識にやらかしてしまうアレ。
俗に言う"天然"ってやつでしょうか。(汗
ゲームセンターだと思って「入ってください」って言ったら、ラブホだったりとか。
カラオケで自分の歌う曲を予約してるつもりが、彼が私のために歌ってくれようとしてた曲のイントロで何度も繰り返しぶち切ってしまったりだとか、かなりイタイ娘でした。

> 機会はね…学生時代は、やっぱりなかったよ。
> 片道2時間かけて、大学と自宅を往復する日々。勉強に部活。

それは言い訳~。
私も先輩たちが他大学の男子学生からのアプローチは完全にシャットアウトしてたし、勉強の方もかなりきつかったですよ。
私が研究に選んだ内容がかなり難しいと言われてたもので、教授たちも「難しすぎるからやめなさい」と止めるほどだったから、余計に忙しかったし。

片道2時間。往復4時間。一日のうち4時間も出会うチャンスがある。
出会いのチャンスなんて、「ない」と思えば手の内にあるものさえ"ないもの"になってしまう。
知人を見てて、そう思います。
毎日仕事が忙しくて出会いなんてない。 いつもそう言ってはばからない女子ですが・・・
マイカー通勤中にいつもすれ違う車の人にひとめぼれ。
ある朝いつもより少し早く家を出て、すれ違う場所の付近に駐車。
車を降りて反対車線側に移動し、その彼の車を止めて話しかけたんです。
止められた方は朝っぱらかかなり驚いたと思いますが、結局デートの約束をして付き合い始めました。
その女子、人前で話すのに震えて涙が出るほどの小心者です。

通学中にいつも電車やバスで見かける人、コンビニの店員さん・・・
社会に出れば、会社関係で出会う人もいるから、範囲はもっと広がります。
仕事の話しかしないような人でも、もちろん対象ですよ。(笑

出会いって本当はいつもそこら中にいくらでも転がってるんです。
ただ、それを見ようとしてないだけで。
私はそう考えています♪

宴会の女王なら、絶対にじんちゃんのこと狙ってた人はいるはず!
誰が自分を見てくれてるのかより、自分が誰を見たいかの方がウェイトが大きかったのかも?

出会うだけなら・・・

機会は、無限にあるかもしれないけど、
付き合い始めるには、相手の意思と自分の意思が必要でしょ?
そうなると、やはり限られていく気がします。

想いがあっても、行動に移せない人もいるしー
私を支持してくれる人というのは、そういう人が多いんですよ。
で、若い頃というのは、こちらからは行動をおこさず、ひたすら待っていたからね・・・。
そら、進展せんわな~。

一人暮らししてる部屋の前まで送ってもらって、そこでお別れしたこともありました(爆)。
元上司です。 関西に戻ることが決まった、残された日々に、私が住んでいた街へ来てくれて、
二人だけの宴席を設けてもらいました。
帰り際 「マンションまで送る」 と言われて、さらに、オートロックの玄関の前で、
「部屋まで送る。」 「大丈夫ですヨ。ここまで送ってもらえれば。」 「いや、部屋の前まで。そこまで見届けたら帰るから。」

彼には、いろいろ心配させた出来事もあったし、仕方ないなぁと思って、一緒に中へ入ったの。
エレベータの中で、なんかドキドキしちゃってね・・・。
だって、そんなシチュエーション、経験したことなかったんだもん。
こうして、部屋の前までやってきて、鍵を開ける直前に、顔を見合わせたんです。
そのまましばらく時間が停止して・・・
彼は、ふと我に返ったように 「じゃ、帰る。」 エレベーターの方へ戻っていきました。

再会してから、この時のことを聞いてみたの。
「一体どういうつもりだったんですか?」
「覚えてない・・・」
彼の記憶では、マンション入り口までで、そこから後が欠落している。
どうこうしようという意図は、なかったと思うんです。 おそらくね。
ただ、「お茶でも飲んでいかれますか?」 くらいは、言ってほしかったのかな。

そうして、私にとっては憧れの上司だったんだけど・・・
こんなまたとない機会を、モノにすることもできず(笑)、
ただ、当時はそれでよかったのかな~と思う。 いい飲み仲間だったから。 それだけで幸福だった。

小町さんが、押しの強い女か?
うーむ。 自己申告では、違うようですね。
押すまでもなく、各方面から押されているのでは?

Re: 出会うだけなら・・・

> 機会は、無限にあるかもしれないけど、
> 付き合い始めるには、相手の意思と自分の意思が必要でしょ?
> そうなると、やはり限られていく気がします。

もちろん、それが前提で。
最初からただ「出会いがない」って言ってると、出会いがあっても気付けないことの方が多いってことで。
出会いとお付き合いは必ずしもイコールではないから。
お付き合いと出会いをイコールにしてしまうと、私も出会いなんて全然ないわ~(笑
だって、優等生のいい子ちゃんで、ずーっと勉強ばかりしてたしね。
好きな人がいても全然話しかけられなかったし、話しかけようとも思えないくらい晩生だったし。

じんちゃんの言う"出会い"と私の言う"出会い"の意味がちょっと違ったのかもしれませんね。
お付き合いの出会いというなら、自らの取捨選択、相手の取捨選択、ソレに加えて環境というファクターまで組み合わされるから、かなり限定されてしまうだろうし、そこは限定した方がいいと思うな。

社会に出るまでは、私に好意を寄せてくれる人も、もっぱら自ら気持ちを表してくれる人じゃなかったな~(遠い目

> 想いがあっても、行動に移せない人もいるしー
> 私を支持してくれる人というのは、そういう人が多いんですよ。
> で、若い頃というのは、こちらからは行動をおこさず、ひたすら待っていたからね・・・。
> そら、進展せんわな~。

それで進展するとしたら、間にお節介なキューピッドが存在するしかないものねぇ。
変だって笑われるかもしれないけど、私ね、そういう微妙な雰囲気の間柄って好きだわ。(笑
相手がどう思ってくれてるんだろう?私のことどんな風に見えてるんだろう?
そんなこと考えてもんもんと妄想が膨らんでしまったり、勝手に落ち込んだり喜んだり。
そういうの大好き(笑

> 二人だけの宴席を設けてもらいました。
わー!素敵なシチュエーション!!
私なんて、二人だけの宴席って・・・私が退職する時に上司が送別会をしてくれると言うので料亭に行ってみたら・・・他の人は誰もいなくて、その嫌な上司のおっさんと二人だけで、延々とセクハラ話されただ思い出しかないわ。

> 帰り際 「マンションまで送る」 と言われて、さらに、オートロックの玄関の前で、
> 「部屋まで送る。」 「大丈夫ですヨ。ここまで送ってもらえれば。」 「いや、部屋の前まで。そこまで見届けたら帰るから。」

こんなドキドキするようなやりとりなんて、夢の夢よ~。
エレベータの中で・・・きゃーきゃーe-266
私も若い時なら何も出来なかったかなぁ。
「○○さん・・・」って名前を呼んでみたかもしれない。
それ以上は何も言えん(笑

30代になってからは、そんなにかわいらしいことも出来ないようになったかも(汗
その後も顔を合わせることがある相手なら、歩く時にはぐれないように服の裾を持つとか、意味もなく「今何時?」って言って、腕ごと掴んで腕時計を見せてもらうとか。

もう会うことがない相手なら、握手にかこつけて手を握らせてもらうかも。
手を貸してくださいって言って、すぐに手を出してくれる相手なら・・・
自分に対して心を開いてくれてる証拠だから、もう少し踏み込めるのかなぁ。
片手を貸してくれたら、「こっちの手も貸して」って言って、両手を貸してもらって、そのままその手を自分の背中へ回してハグしてもらうかも。(恥
ま、自分に対して"少なくとも無関心ではない"と思える相手にしかできませんが。
積極的な女子はもうそのまま自分の部屋へ連れ込んで・・・となるそうですが、私にはそこまではできません。

> 「覚えてない・・・」
酔っ払って記憶がないこともあるかもしれないけど・・・
それはきっと、じんちゃんに対しては"覚えてない"コトにしてあるんですよ♪
絶対に覚えてますって。うん。絶対に。

> ただ、「お茶でも飲んでいかれますか?」 くらいは、言ってほしかったのかな。
え~、でもそれで「じゃ、お願いしようかな」って入ってこられたらどうでした?
私なら、夜遅くに女性一人が暮らす部屋に入る男性なら、いくら好きな相手でも急に冷めてしまいそう。

> 押すまでもなく、各方面から押されているのでは?
クラスメートの男子は「お前ならすぐに彼氏出来るから大丈夫だ」って変な励まし方してくれてたけど・・・学生時代は、ぜ~んぜん。ずっと彼氏もいなかったもん。(爆
おデブだしね。とてもモテるとは思えませんわ。
(中学時代は今より-15kg。高校では今と同じ、大学では今より+10kgと凄まじい変化をしてますから)
恋愛成就よりも受験のために勉強ばかりしてました。
片思いはずっとしてたけど。
あー。きゅんきゅんしてきた(笑
ガールズトークしたくなったよ~。

小町さん、かわいらしいね(笑)

私なんて、実際会ってみるとオッサンよ(爆)。
照れくさいから、サバサバした態度をとってしまうことも多いしー
所謂 女性らしさは、奥深くしまいこんでるから、あんまり表面に出てこない。
男性側からすると、どうなのかなぁ~。

微妙な雰囲気の間柄。
若いうちは、それでいい気がする。
というか、縁あって展開していくなら、それもよしだけどー
無理に、ことを進める必要はないかな。
関係が進むべき時は、進むんですよ・・・ 不思議とね。

小町さんの上司とのエピソードって、深川さんのページで語ってた?
料亭でセクハラ話。 うーむ。 清張ドラマのイメージだなぁ。
上司には、小林稔侍をキャスティングしよう (←こら)。

私の上司はね、アクセサリーを贈ったことも、忘れてんのよ(爆)。
どこまで健忘症やねん・・・
つーか、忘れるな~~~~。


Re: 小町さん、かわいらしいね(笑)

> 私なんて、実際会ってみるとオッサンよ(爆)。
じんちゃん、オッサンって・・・(≧m≦)
私なんかよりもよっぽど女性らしい人って印象なのだけど。
私は全然可愛くもないわ。干物女だから(爆
縁側でビールをぷはーってことはないけど、あの生活スタイルは私のそのままだったりするし(汗

サバサバした態度は私もお手の物!(笑
ただ・・・私の場合は照れ隠しでもなんでもなくて、それが"素"なんです・・・。
だからか、職場なんかではよく
「男前だ」とか、「女にしとくのもったいない」とか男性から言われてました(恥
私自身も女性同士で群れるのが特に苦手で。

> 所謂 女性らしさは、奥深くしまいこんでるから、あんまり表面に出てこない。
> 男性側からすると、どうなのかなぁ~。

どうなんだろう?
私は表面だけ女性らしさ満開!って感じの人は苦手だけど、私は男性じゃないしね~(笑
表面で女性らしさ、可愛さを自ら押し出す人ってね、脇で見てると何だか寒々しい。
男性の前ではかわいらしくしてるけど、誰も見ていなかったら大股開いて座ってガツガツ汚く食べてたり、えげつなかったりしてね。
敢えて表に出さなくてもいいものじゃないかな~って感じてます。
見る人はちゃんと見てくれていると思うから。

上司とのエピソード、深川さんのトコで語ってたっけ?
ホテルの最上階ラウンジのおじさまとは全然別人です。
このおじさまは、セクハラ話なんて絶対にしないジェントルマンなんですよ。
先のオッサンは、言うことだけは偉そうで態度もでかいのに、仕事は出来ない、仕事上の自分の責任を部下に押し付ける、最低オヤジ。
見た目もむさ苦しくて、脂ギッシュだし、不潔っぽいし。
私の集団検診の結果を勝手に開けて、体重やらチェックが付いてる項目を大声で読み上げるような、常識のない輩です。
深夜になった飲み会の帰りでも、家まで10kg近くあるのに、一人で歩いて帰れと言い放つ。
タクシー代まで出してくれるのが、あの頃の普通だったのに。
せめてタクシーを呼ぶくらいはしてくれてもいいと思ったわ。うら若き乙女に何かあったら責任も取れないくせにね。

> 上司には、小林稔侍をキャスティングしよう (←こら)。
いやいや、小林稔侍さんがもったいない。
見た目だけで言うと・・・そうだなぁ・・・踊る大捜査線のスリーアミーゴスを三人足して3で割って、100倍ふてぶてしくさせて汚したような感じよ(爆

> 無理に、ことを進める必要はないかな。
> 関係が進むべき時は、進むんですよ・・・ 不思議とね。

私もそう思います。
無理に進めても、必ずどこかに歪みが起きる。
努力は必要だけど、しんどくなるようなムリは不要。
まだ私にはそこまで関係が進む出会いがないからなのか、結婚さえ出来ていませんが・・・
それはそれで私の人生なのかなぁと受け止めるしかないわけで。
結婚しようと思えば、お付き合いしてきた人やお見合いでも何でも、これまでいくらでも機会があったわけだし。
それで良しとしなかったのは、私自身だし。
運命を感じた人とは、環境が許さずふられてしまったし・・・。
な~んて、ここでぼやいてもしょうがないのだけどね(苦笑

> 私の上司はね、アクセサリーを贈ったことも、忘れてんのよ(爆)。
> つーか、忘れるな~~~~。

そっか~。かわいいなぁ(笑
その上司、本当に忘れてるコトにしたいんだと思う。
そういうきゅんとするような想い出は、思い起こすとせっかく鍵を閉めた扉を再び開けてしまうことになりかねないから。
忘れたことにして自分の心にブレーキをかけてるのかもしれない。
そこから一歩踏み込んでどうにかできる相手なら、そうしてたかもしれないし、その方は自分の責任やじんちゃんのしあわせや、いろんなことを考えてくれてたのだと感じます。(*^ー^*)

男性として。

おっさんだろうが、
おばさんだろうが、
サバサバしていようが、
男前だろうが、
可愛かろうが、
女らしかろうが、

男から見れば、総じて「女」です。
あたりまえだな。

それがその人にとって「自然だな」と感じられれば、OKだと思う。

勘違いは「イタイ」

Re: 男性として。

よかった!!
私も「女」として堂々としてられるのね~♪ヽ(*>∀<)ノ.・。*゜。

そうですよね。
見た目がどうであれ、性格がどうであれ、
性別が「女」。ですもんね~。

> それがその人にとって「自然だな」と感じられれば、OKだと思う。
> 勘違いは「イタイ」

自然体でいる人って輝いてますよね☆
勘違い・・・私なんか勘違いしてそうで怖いわ~(-_-;
Secret

Number of visitors

最新記事

カテゴリ

プロフィール

angelique*

Author:angelique*
好き:美味しいもの
    のんびりすること
    きれいなもの
    「だいすき」
    「ありがとう」

はじめましての方も、
そうでない方も、
どうぞお気軽にコメントください♪

視覚障害者ですが、出来ることを楽しんでやっていこうと思っています。
クッキングスクールには通ったことがありません。
全て食いしん坊のなせる業!
どれだけ食いしん坊なのかって話ですが。
よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Calendar 1.1

*** Calendar ***
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Angelique*@ameba RSS

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク

人気記事ランキング

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。