05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Twitter...@Angelique_owner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21日(日)の夜に、殿がJAZZ LIVEに連れて行ってくれました。
Eric Alexanderというモダンジャズの貴公子と呼ばれているテナーサックス奏者率いるカルテット(4人組)のライブです。
私はHarold Mabernという(77歳だったでしょうか)どっしりと構えた独学で腕を上げたジャズピアニストが好きで、Harold Mabernがそのカルテットのピアノを担当します。
Eric AlexanderはHaroldの大学での教え子だったそう。
HaroldのトリオやカルテットにはEricが参加し、EricのカルテットにはHaroldが招かれる。
素晴らしい実力のある仲良し師弟です。

ステージは途中の休憩をはさんで二部構成。
休憩中にメンバーは客席の空いたシートにミネラルウォーターを持って気さくに座り、客とフレンドリーに談笑していました。
その間に私はEricとHaroldに話しかけ、写真を撮ってもらい、コースターにサインをしてもらいました。
ほかの皆さんはシャイな方が多かったのか、せっかくの機会なのに話しかける方は少なく、Ericを中心に数人で大笑いしながら談笑しました♪
FacebookでEricの初恋の相手(住所や名前も聞きました)を探してくれだとか。(笑)
前田(智徳)はよく打っていたのに、カープから移籍したんだぞ!…とか。(笑)

ステージ後半には、いきなりEricが"It's so terrible… "と言いながら私たちの隣のテーブルにサックスを置いてステージに。
するとHaroldがピアノから離れ、Ericがピアノの椅子に座る。
あれ?と思っていると、Haroldがブルースを歌い始めました!(驚)
すごく上手くて、みんな拍手喝采!
演奏中も、Haroldと目があったのでにっこりしたら、ピアノ弾きながらもサムズアップしてくれたり。(嬉)
ステージ終了後もまたEricの初恋の相手の話とかで盛り上がり、結局ほかのお客様が帰ってガラガラになるまで談笑していました。
素晴らしい音楽と楽しい時間を過ごせました。(*´∀`*)
関連記事
スポンサーサイト

theme : JAZZ
genre : 音楽

Secret

Number of visitors

最新記事

カテゴリ

プロフィール

angelique*

Author:angelique*
好き:美味しいもの
    のんびりすること
    きれいなもの
    「だいすき」
    「ありがとう」

はじめましての方も、
そうでない方も、
どうぞお気軽にコメントください♪

視覚障害者ですが、出来ることを楽しんでやっていこうと思っています。
クッキングスクールには通ったことがありません。
全て食いしん坊のなせる業!
どれだけ食いしん坊なのかって話ですが。
よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Calendar 1.1

*** Calendar ***
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Angelique*@ameba RSS

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク

人気記事ランキング

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。