07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Twitter...@Angelique_owner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21日(日)の夜に、殿がJAZZ LIVEに連れて行ってくれました。
Eric Alexanderというモダンジャズの貴公子と呼ばれているテナーサックス奏者率いるカルテット(4人組)のライブです。
私はHarold Mabernという(77歳だったでしょうか)どっしりと構えた独学で腕を上げたジャズピアニストが好きで、Harold Mabernがそのカルテットのピアノを担当します。
Eric AlexanderはHaroldの大学での教え子だったそう。
HaroldのトリオやカルテットにはEricが参加し、EricのカルテットにはHaroldが招かれる。
素晴らしい実力のある仲良し師弟です。

ステージは途中の休憩をはさんで二部構成。
休憩中にメンバーは客席の空いたシートにミネラルウォーターを持って気さくに座り、客とフレンドリーに談笑していました。
その間に私はEricとHaroldに話しかけ、写真を撮ってもらい、コースターにサインをしてもらいました。
ほかの皆さんはシャイな方が多かったのか、せっかくの機会なのに話しかける方は少なく、Ericを中心に数人で大笑いしながら談笑しました♪
FacebookでEricの初恋の相手(住所や名前も聞きました)を探してくれだとか。(笑)
前田(智徳)はよく打っていたのに、カープから移籍したんだぞ!…とか。(笑)

ステージ後半には、いきなりEricが"It's so terrible… "と言いながら私たちの隣のテーブルにサックスを置いてステージに。
するとHaroldがピアノから離れ、Ericがピアノの椅子に座る。
あれ?と思っていると、Haroldがブルースを歌い始めました!(驚)
すごく上手くて、みんな拍手喝采!
演奏中も、Haroldと目があったのでにっこりしたら、ピアノ弾きながらもサムズアップしてくれたり。(嬉)
ステージ終了後もまたEricの初恋の相手の話とかで盛り上がり、結局ほかのお客様が帰ってガラガラになるまで談笑していました。
素晴らしい音楽と楽しい時間を過ごせました。(*´∀`*)
スポンサーサイト

theme : JAZZ
genre : 音楽

すもものケーキ

梅雨明け前からとても暑かったですが、梅雨も明けてもうすっかり夏ですね~。
いちごからマンゴスチンやアメリカンチェリー、それから日本のさくらんぼ、マンゴー、メロン、桃と日を追うごとにどんどん夏の果物も店頭に並んできています。
そんな中、無農薬無肥料の畑で育ったすもも(プラム)を分けていただきました。

見た目は…大きさも大小有り、緑色だったり真っ赤だったり、お店に売っているものとは見栄えがしません。
表面は艶っつやではなく、粉がふいたようなかんじ。
これぞありのままの果物だ!って言わんばかりの素朴な見てくれのすももでした。
せっかくなので、どんなすももかお見せいたしましょう!
な~んて思って新しいカメラSONY αNEX-5Rで撮りました。

だがしかし……まさかのメモリースティック入れ忘れ。
以前sonyericssonの携帯電話で使ってたメモリースティック、使い道がないからもう少しで処分するところでした。(苦笑)
SDカードやらメモリースティックやらが入っていないと画像が記録されないんですね…。
RICOHのカメラはカメラ本体に少しだけメモリーがあって、入れ忘れてても多少は撮れて本体に記録されるんです。
そして本体にも記録できなくなると、「メモリー容量不足で撮影できません」みたいな表示が出て撮れなくなります。
それに慣れてたものだから、撮れてる=記録されてる と思い込んでました。(>_<)
さてPCに取り込んでおこうと思った時にようやく気づく始末。
SDカードとか2枚入るようになってればいいのに…。
そんなこと思うのは私だけでしょうか。きっと私だけですね…。/(-_-)ヽ

当然ながら写真はありませんが、美味しそうなすもも。
果皮は緑色ですっぱくても、中身の果肉はどれも真っ赤でとても甘い!
色がきれいだし、酸味も効いて美味しいだろうからジャムにしようかな。
それとも、色と甘味、香りだけを抽出して透き通った赤いシロップにしようか。
いや、白ワインに漬け込んで、香りと色を閉じ込めたルビー色のワインに返信させようか。
いろいろと考えはめぐりましたが、さて、何を作ったでしょう?


シンプルにバターケーキを焼きました。
パイとかデコレーションケーキも好きですし作れるのですが、焼きっぱなしの素朴な焼き菓子が大好きだったりします。
バターの香りとフルーツの甘酸っぱさがとても合うだろうな~ と思って。

Gateau aux prunes 20130710

バターケーキの生地の上に4つ割りにしたプラムを隙間なくたっぷりと並べ、
上からシュトロイゼルやクラム、クランブルなどと呼ばれる軽いさくさくのクッキー生地を散らして焼き上げる。
焼きたてのシュトロイゼルの隙間からは、真っ赤に煮詰まったプラムの果肉と果汁がグツグツと溢れてきます。
レシピとブログのために調理中の写真も何枚か撮ってたのに…(ToT)

冷たいものも美味しいけれど、冷たくしすぎるとバターが多い生地なので締まりすぎて口どけがイマイチに。
食べる少し前に室温に戻しておいて、軽くオーブン(オーブントースターでも)で温め直して、シュトロイゼルをカリッサクッとさせてから食べるのがオススメです。
温めてすぐはバターの油脂分が液体になってサクサクどころかしっとりしているので、ホンの少し放置して。
するとサックサクの食感になるんですよ♪

すももの酸味がパンチを効かせて、甘ったるいだけではない美味しいケーキ。
柔らかめのバニラアイスやラムレーズンアイスを添えると、更に美味。
私は糖分制限したいためアイスは添えませんでしたが、問題のない方は是非一緒に食べていただきたい!


元画像サイズは4912×3264。それを450×299にまでリサイズすると、画像がなんか劣化しますね…。
しかも、ケーキの下側と左奥側にピントが合ってるし。/(-_-)ヽ
画像をクリックしていただくと、800×532のサイズでご覧いただくこともできます。
標準キットの電動ズームレンズ&おまかせオートモードで撮ってみました。
まだレンズの替え方もわからないんで!(笑)
あー、SONYで登録もまだ済んでなかった…。
この写真も見る人が見れば、構図が良くないとか、ホワイトバランスが…とか、絞りが…とか、いろいろツッコミどころ満載な一枚なんだろうなぁ。
ゆっくりカメラを触る時間が欲しいよーーーー。(>_<)

theme : 手作りお菓子
genre : グルメ

Number of visitors

最新記事

カテゴリ

プロフィール

angelique*

Author:angelique*
好き:美味しいもの
    のんびりすること
    きれいなもの
    「だいすき」
    「ありがとう」

はじめましての方も、
そうでない方も、
どうぞお気軽にコメントください♪

視覚障害者ですが、出来ることを楽しんでやっていこうと思っています。
クッキングスクールには通ったことがありません。
全て食いしん坊のなせる業!
どれだけ食いしん坊なのかって話ですが。
よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Calendar 1.1

*** Calendar ***
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Angelique*@ameba RSS

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク

人気記事ランキング

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。