05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Twitter...@Angelique_owner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりでございます

寒さ厳しき折(全然厳しくもないのですが)、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はどんな年だったか。

とにかく疲れた一年でした。
諸事情から、避難先の仮住居から8月に転居。
更に、二つ目の仮住居から初冬に自宅に戻るために転居。
ようやく自宅に戻りました。
とは言え、まだまだ周りは復興工事の真只中で毎日ダンプカーが25台もうちの前を通り、その度に散水車が水を撒き…、建設重機の大きな音も鳴り響いている状態です。

引越し作業はやっぱり疲れます。
私の場合、持病もあるので一気に済ませることも出来ず、倍以上の時間がかかったりするので余計に。
ダンボール箱一つ詰めるだけで、しんどくなるので休憩しなきゃならないので。

お盆あたりから体調を崩し、2ヶ月ほどあまり食べられなくなりました。
うどん一玉を40分以上かけてようやく食べきれるかどうかってくらい。
一番ひどい時にはうどん一玉を3回に分けて食べるとかいうレベルで食べられない。
栄養補給はもっぱら野菜ジュース。
カゴメから表彰されてもいいくらいに、店頭に並んでる野菜ジュースを買い占めて飲んでた。
(今も飲んでるけれども。)
他に食べられればヨーグルトや茶碗蒸し、プリンやゼリー程度。
お肉やお魚を食べればすぐにリバースしてしまうし、ごはん粒を噛んでいる間に気持ち悪くなる感じで、本当に食欲を失った。
通院以外は室内で横になってることが多かった夏でした。
(動けないので、もちろんデートもなし)

秋になり、少しずつ固形物も食べられるようになり、初冬に。
今ではもう元気一杯!ということはなく、普段の食事量を食べると胃もたれがひどくく全く空腹を感じない日々。
毎週末の美味しいものオンパレードな外食が、食傷気味という贅沢な状態です。

自宅に戻ることが決まったと同時に、その日の内に二つのイベントでの出店依頼のお電話をいただく。
その前日に妙な夢を見たのでした。
弟が急にお腹が痛いと言い出し、救急車で病院へ行くと……なんと弟は妊娠しており、元気な子どもが生まれた!
弟と母、私は大喜び(義妹は知らん顔)。
男性が出産する夢はありえないくらいの大きな幸運が訪れることの暗示らしく、子どもが生まれて喜んでいる人に幸運が訪れるという吉夢らしい。
そんな夢を見た翌日にお仕事2本いただけて、自宅に戻れることが決まって。
不思議なこともあるものです。
まだまだイイコトが訪れますように♪
あ、そう言えばお正月に殿と殿のお母様からお年玉をいただいちゃいました!
これも幸運の訪れだな♪

そういう訳で、冬に入って2度イベント出店をしました。
一つはフードバンクをしているNPO法人が主催しているもの。
もう一つは以前から出店させていただいてたフリーマーケット。
主催者さんが私の態勢が整ったらまた参加できるようにと、いつもお知らせくださってたのです。
被災当時もとても心配してくださって、感謝しきり。
一年半ぶりにイベント出店をして、準備段階で自分の体力の衰えをひしひしと感じ入りました……。

イベント出店を終えて、今度は個別にオーダーいただいたお菓子づくり。

被災後にはOCN cafeで知り合った方や、アメブロで知り合った方からとても心配していただき、
「早く怪我が治って元気になってね」とお菓子や果物、手作りのパンなどお見舞いを送ってくださっていました。
年が明けて、ようやくその方々に焼き菓子を作ってお礼のお手紙を添えて送らせていただいたところです。

そうそう、5月からダイエットを始めました。
12月24日クリスマスイブまでで8kg減達成!
体脂肪率は下がり、筋骨量はできるだけ下げず上げる方向で。
夏の一番食べられなかった時期にはひと月で2kg減っていたけど、動けなかったので筋骨量が減。
あとは大体月1kg平均で減量。
今年はあと5kg減量したいところ。
特に食事を変えることなく、というか毎週金曜日の夕食、土曜日の昼食、夕食と外食をする中でこの減量は凄いと自分でも思う。
あとは1か月500g減をいかに続けていけるかが決め手。
元の体重に出来るだけ近く戻れるよう、頑張りますよー!


昨年のお出かけや外食などのお話はまた別の機会に。

スポンサーサイト

あれから4か月が経ちました。

結局3か月近く一度も更新することなく、年末に突入してしまいました。
皆さん、風邪など体調を崩されていらっしゃいませんか?

今年の夏は本当にたくさんのいろんなことが目白押しでした。
6月下旬には、殿とその職場の人達とのお食事会の最中、席を立ってすぐに失神、救急搬送され。
その数日後7月に入ってすぐにはイベント出店。
7月中には従妹の結婚式に出席。
この歳になってまだ結婚できていないことをひしひしと感じさせられる一日に。
梅雨に入る前からめまいに悩まされていたのですが、7月には大学病院での耳鼻頭頸外科受診時にめまいの相談をして、めまいを止める薬を処方してもらい、ようやくめまいに悩まされなくなり。
そうこうしているうちに8月に。

8月になって雨が降らない日がまだ3日しかないなぁと思いながら、こんなに雨が続けて降っていたら累積雨量がすごいことになる……必ずどこかで水害が起こるだろうな、と感じるように。
8月16日土曜日の夕方、彼と家に帰宅中、ふと彼に漏らした言葉。

私:「そのうちね、ここに大きな土石流がダーッと流れてね、電柱も倒れるんよ。

彼:「こんな小さなちょろちょろしか流れていない溝が、そんなことになるワケがないわ。
(十中八九の人の意見がそうだと思う。)

それから80時間後、記録的な豪雨に見まわれ大規模な土石流に見舞われる土砂災害に。

正直なところ、ほんのたまにちらっと先に起こることを感じ取ることができることがあることにはあったけれども、こればかりは本当に自分で自分が怖くなった……。

この土砂災害が起きるっていう一言をつぶやいた翌日には、私は登山もしないのに何故か夢では登山をしていて、急にその山が噴火してしまい火が降ってくる中を逃げる夢を見て、その夢を母に話していました。
そして、土砂災害の後に御嶽山の事故があったのでしたよね……。
夢では九州に旅行に行っていて、阿蘇山が噴火して、何故か鹿児島近辺を逃げ惑っていた夢だった。
つい最近知ったのだけれども、阿蘇山は8月30日に火口周辺への規制が、逃げまわっていた霧島は10月24日に火口周辺危険の通達が。


耳鼻頭頸外科を受診する予定の前日8月20日に土砂災害に被災。
19日の夜22時にはいつでも避難できるように、持ち出し用の数日間の荷物をまとめて室内で靴を履いてすごしていました。
というのは、国交省で働いていた頃からの習慣で気象レーダーや雨量、河川の水量の情報を日常的に取り入れていたから。
河川の水量がはん濫危険水位から少し落ち着いて下がってきた頃、土砂災害が起こりやすい。
Yahoo!防災のアラートで、豪雨予報の通知もあり。
雨量レーダーを前後4時間分見ていると、雨量が多い部分(赤い部分)が雨雲の流れには関係なくほとんど動くことなく一定位置に停滞したままの状態。
そして、その位置はまさに私の住んでいる地域。
予想時間雨量も200mmを超えている。
この時点で素人の私にでも災害が起きることは予想できるわけで、室内で靴を履き、持ち出し用荷物を準備していたというワケです。

22時頃には既に尋常ではない雷鳴と稲光。3秒に1回くらいの頻度で雷が起こっていたのだとか。
雷鳴もゴロゴロなんて可愛いものではなく、バリバリと闇夜を引き裂くがごとく、建物を震わせるほど。
雨の音も滝の中にいるくらいひどく、人の声も聞こえないくらいに。
避難したかったけれども、既にこの時点で屋外へ出ての避難は困難な状況。
外階段では既に土砂が流れていたのではないかと思うような音が聞こえていたので、玄関を開ければすぐに水の流れに飲み込まれて流されてしまっていたでしょう。
母は玄関を開けてみようとしていましたが、流されるから出てはダメ!とそれを止めてうちの中でも階上にいるしかなく。
母の部屋は結局土砂が流入していました。
うちは3階建の2階なんですけどね……。

両下腿打撲、左足関節捻挫、両アキレス腱部損傷
私は土砂災害から1か月後はまだ痛みもあり通院もしていましたが、2か月もたった頃には足の痛みもなくなり、傷もすっかり良くなって治りました♪


荷物の整理にたまに自宅に戻るのですが、その時にはまだ土砂の粉塵がもくもくと俟っているので、マスクを着用していても鼻腔や口内に入ってしまうのが避けられません。
土砂は山の土や岩、腐葉土だけでなく、生活排水、トイレの下水、汚水、汚泥、ちり、ほこりなどのハウスダスト、ダニetc.とあらゆるアレルゲンが含まれているので、強烈です。
普段からアレルギー薬を服用しているのですが、それでもひどいアレルギー症状が出てしまい、翌日は寝込んでしまうことも。

未だに上下水道、電気、ガスは不通のまま。
建屋と地盤の強度調査の結果、住宅の存続だけは12月に入ってから決定したけれども、いつになったら戻れるよう異なるのかはまだまだ未定のまま。
畳やフローリングも入れ替えないとならないし、ベッドやソファなどの大型の家具も買い換えなければなりません。
仕事もできず=収入も見込めず、毎日毎日支出が続くばかり。(>_<)

そんな中、OCN Cafeで知り合ってお友達になった方たちから安否確認のメールを頂いて、お見舞いを送っていただいたり……ありがたくて仕方ありません。
アメブロの方でも、いつも一方的に私がブログを見てただけの方からメッセージを頂いて、「手造りのパンを送らせてください」とおっしゃってくださって、ありがたく連絡先を交換させていただいて美味しい手作りパンを送っていただいたり。

一方、これまで友達だと思ってた人からは全く音沙汰すらなく……。
「何もできなくてごめんね。」だけで突っぱねられて終わってしまう人も。
私は何かしてほしいわけではないんですがねぇ?
してほしい人には、丁寧にお願いしますよ……。
それよりも、「大丈夫だった?怪我はない?」の一言をもらえた方が嬉しかったなぁと残念に思ったり。
まぁこれは私が病気で倒れたり障害者になった時にも同じことがあったので、
「あぁ。あなたもそうだったのね。」と、すっぱりと友達の縁を切らせていただこうと思っています。

そうそう、10月9日にはボランティアの方たちや地元の方たちのための炊き出しのボランティアにも参加して、100人分のおでんとおむすびを作りました。
障害者支援施設の代表の方が主催して毎日炊き出しなどをされていた中で、著名な地元の料理家の方がお手伝いという形で参加を募っていらしたので、そちらに参加させてもらいました。
そこでも新しくご縁がありました。

その料理家の先生にはもちろん、そのお仲間の方々、地域の食材や食文化を推進されている仕事をされている方々。
(中にはただ単位ボランティアに来てみたかっただけの人もいらしたようでしたが、その方たちとはお話も会わず。苦笑)
Facebookでもやりとりさせていただくようになり、より食材や食文化に長けた知識や情報をいただけるようになりました。
その内のお一方は、私より3つくらい年上のジョセイなのですが、仕事をする上でのアドバイスなどしていただいたり、お茶に誘っていただいたり。

何かコトがあれば、人の縁は切れたり繋がったりするものなのです。
この機会に新しく繋がったご縁を、そしてこれまで繋がっていてくれたご縁を、また大切にしていきたいと思っています。


土砂災害後のことについて

お久しぶりでございます。angelique*です。
この度はご心配をおかけし、大変恐縮です。
レッスン、イベント出店などの予定は全くたてられない状況のままでございます。
レッスンを延期してくださっている方には大変申し訳ございません。
あと1か月延期していただけると、出張レッスンのみ再開できそうです。
もうしばらくお待ちくださいませ。


8月20日の土砂災害から一カ月がたちました。
いくつかの復旧した地区の避難所は終了閉鎖されたり、自衛隊や他地方のレスキューや警察も撤収し、被災地区以外では全く変わらぬ日々が流れています。
全国ニュースでも取り上げられることはほとんどなくなり、地元ローカル局でも番組の頭にほんの一言言及されるかどうか?程度のものになってきたので、被災地はすっかり復旧して日常生活に戻れていると思われている方も多いかもしれません。

私の住まいの周りには、災害後1カ月たった9月20日頃に初めて重機が入れるようになりました。
道路や電柱などは全く跡形もなく、鉄筋コンクリートの鉄筋だけがむき出しになりぐにゃりと曲がり広がって地面から突き出ている、まるで爆撃跡地のような様です。
先週末まで、建築物間の通路などはおびただしい土砂が堆積して2mを超えるような大きな岩もごろごろしており、建屋内・敷地内ともに進入禁止・KEEP OUTの黄色いコーションテープ(バリケードテープ)が張られていました。
土砂が堆積しているときには土砂に埋もれてて気付かなかったのですが、部屋のすぐ目の前にも2m級の大きな岩が!
住まいは道路からは入り込んでいて離れているんですが、そんな大きな岩を道から離れた入り込んだ場所にまで流してくるほど凄い流れだったんでしょうね。

最後の行方不明者が(すぐ目と鼻の先の場所でした)見つかったことで、重機も入れるようになり、建屋や敷地内、元道路があった場所などの大きな岩は砕かれ、地均し(ぢならし)も進んできています。
おかげで月曜日からは高台にある住まいの近くまで車で上がれるようになりました。
ですが、電気、上下水道、ガスなどのライフラインは全く復旧する予定も聞けません。
そもそもそこに再び住めるかどうかも判らない状態です。
地盤調査後に建築物の調査、それらが済んでようやく修繕するか取り壊しになるかが決まるので、3年~10年はかかると災害数日後には聞いています。



私の日々のことにつきまして
建屋自体は半壊ですが残っている家財道具もあり、毎週末には彼に手伝ってもらって室内の片づけをしています。
平日には通院の合間に損保会社や区役所で各種手続きを。
災害数日後にはり災台帳も整っておらず、り災証明を発行する側も慣れないことだから仕方がないのかもしれませんが要領を得ず、説明しても社会保険料などの減免を受け付けてもらえなかったりで、結局同じ申請のために何度も区役所に行く羽目になったりと、日々忙しくしております。

そんな中、役所で義援金と広島市・県の災害見舞金の申請もしてまいりました。
義援金は申請数日後速やかに口座に入金いただきました。
全国の義援金に寄付くださった皆様、ありがとうございます。
大切に使わせていただきます。

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

tag : 土砂災害 避難 避難中

8月28日木曜日

ここのところSNSで災害支援情報や被災者への情報を発信していますが、私の身についてご心配いただいているようだったので、自分の事について現状をお知らせいたします。

広島は相変わらず全く雨の降らない日がありません。
災害後は毎日降雨があり、8月に入ってから今日までの間でも、全く雨の降らなかった日はほんの2~3日ということ。
からっと晴れた、すがすがしい日がきて欲しいものです。

命は無事です。
両脚のふくらはぎと足首部分の重度肉離れ。
左右とも足前後に2枚ずつ冷シップをはり、
土砂と濁流の中を歩いたため、両脚かかとと足首の靴ずれ部分に泥や細菌が入ってしまって化膿してしまい、抗生剤を服用&塗り薬で対処しているところです。

避難時に貴重品しか持ち出せなかったので、他には何もありません。
着ている衣類は避難後に近所のユニクロで買い込んだ数着のみ。
自宅も立ち入り禁止区域で、警察、消防、自衛隊以外には立ち入ることができません。
立ち入ることが出来るようになるまで、どれくらいの時間がかかるかもわかりません。
住んでいた場所は居住不能で、砂防ダムが建設されるようです。
そのため、まずは住める場所を探さなければなりません。
臨時に県営市営の住宅が用意されていますが、入居可能な期間は6ヶ月間。
それを過ぎても6か月だけは更新できるが、それで終了ということでした。
さしあたっては、弟の家に身を寄せることができ、寝食十分な生活をしていますが、腰を据えて良い物件を探さなければ……。

リアルでの友人知人に加え、ネット上でしかお付き合いのなかった方からも
「送ってほしいものを教えて!」
「土砂撤去を手伝わせて!」と支援の問い合わせをいただいたり、
「ネット環境があれば使ってもいいし、必要無ければ売ってお金に換えてください」と立派なノートPCを提供して下さったり。
持病のある体の心配をしてコメントを残してくださった方も。
今晩はFacebookメッセンジャーで声をかけてもらえ、しばらくお話していただいて、心が軽くなったように思います。
どれも全てとても嬉しく、心が温まります。
ありがとうございます。

何かどうしても助けが必要になった時にはお願いしたいと思います。
その時には、頼らせてください。


theme : 報告・レポート
genre : 日記

8月26日火曜日

昨日、やっと皮膚科と整形外科を受診してきた。
皮膚科では両足の傷の処置。
傷口には泥等が入って化膿しているので、かかとから足首にかけて腫れてる状態。
抗生剤と化膿止めを処方される。
いつも処置してくれる看護師さんが、無事だったことをとても喜んで、肩や背中を何度も擦ってくださった。
順番までの待ち時間、処置台に横にならせてもらえて、災害後初めて安心して横になれた気がした。

整形外科ではアキレス腱損傷も考えられたため、両足ともにレントゲン撮影。
アキレス腱は大丈夫だったけれど、両足とも膝下全体的(足首前後とも、ふくらはぎ、すね)に重度の肉離れ。
筋肉組織が引き裂かれた状態で内出血がひどく、1週間経っても内出血が引いていない状態。
横になって足を伸ばすのも激痛。

夕方には友人(殿の親友)が、ノートPCを持ってきてくださった。
使ってもいいし、売ってお金に換えてもいいからと、箱付きの程度の良いものを提供してもらえて、とても助かる。

いつも私を「姉さん」と呼んでくれる華奢な女性の友人は、仕事が休みだったのでボランティアに駆けつけたから頑張って!と携帯電話に連絡をくれた。

私は災害当日より、手元にあったタブレットからfacebookなどSNSを通じて防災や被災者支援、救援に有用な情報を発信。
日曜日からは私のタブレットを修理に出したため、義妹のタブレットを借りて使用中。


theme : 報告・レポート
genre : 日記

tag : 土砂災害 避難 避難中

Number of visitors

最新記事

カテゴリ

プロフィール

angelique*

Author:angelique*
好き:美味しいもの
    のんびりすること
    きれいなもの
    「だいすき」
    「ありがとう」

はじめましての方も、
そうでない方も、
どうぞお気軽にコメントください♪

視覚障害者ですが、出来ることを楽しんでやっていこうと思っています。
クッキングスクールには通ったことがありません。
全て食いしん坊のなせる業!
どれだけ食いしん坊なのかって話ですが。
よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Calendar 1.1

*** Calendar ***
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Angelique*@ameba RSS

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク

人気記事ランキング

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。